鴨方の手延べ素麺|贈り物にお困りなら、当社のそうめんがおすすめです!通販でお買い求めいただけます。

贈答用そうめんをお中元やお歳暮に贈るなら【製造直売店 奥島屋】

鴨方の手延べ素麺

麺づくりに適した土地で生産しています

岡山県南西部に位置する鴨方は、古くからの手延べ麺のふるさとです。江戸後期より200年余り、鴨方の手延べ素麺の伝統は、今日まで綿々と受け継がれてきました。
鴨方には昔、米の裏作で作られた良質な麺の原料になる小麦があり、美味しい水と塩にも恵まれ手延べ麺作りが発展してきました。
また「晴れの国おかやま」と呼ばれるくらい降水量が少なく晴天の多い気候が特徴ですが、中でも鴨方は一二を競うほどで、麺づくりに大変適しております。
今も、瀬戸内海沿岸で作られる塩や遙照山からのきれいな水・空気がきれいで、晴れの日が多いという気候風土に育まれ晴れの国おかやま・麺のふるさと鴨方では、良質な手延べ麺がつくり続けられています。

2015年ミラノ国際万博で実演

伝統の「鴨方手延べ素麺」ができるまで

「なかだて」
気候と天候を考慮し、小麦粉の性質を踏まえて食塩と水の量を調合します。
「こね」
小麦粉と食塩水をこねます。
「足踏み」
麺生地に力を加えながら延ばします。
「板切り(いたぎり)」
厚さ40mmくらいの円形にの踏み延ばし出来た生地を40mm幅の渦巻き状に切ります。
熟成の後、板の上に置き、手のひらで圧をかけながら転がして20mmくらいに細めてサイトウ(桐製の桶)に巻き入れて熟成させます。
「細め」
直径13mmくらいに丸ロールを通して細くしサイトウ(桐製の桶)に巻き入れて熟成させます。
「こなし」
直径6mmくらいに細くしサイトウ(桐製の桶)に巻き入れて熟成させます。
「かけ巻き」
2本の管に麺を八の字に巻いて、ねびつ(蓋付きの木箱)に入れます。
「小引き」
かけ巻きした麺を50cmくらいまで引き延ばします。
「伸ばす」
伸び具合をみながら100cmくらいに延ばします。
「箸分け」
はた(麺を延ばして乾燥させる道具)の上下に管をさして麺を分けます。
ミラノでは実演しませんでしたが…

実演に続く工程です!

「門干し」
熟成と乾燥度合いを見て、温度と湿度を調整しながら、延ばし細めていきます。
「乾燥」
乾燥に従い、長さを調整します。
「小割り」
乾燥した麺を製品の長さに切ります。
実演後、会場の皆様にご試食していただきました

実演後に日本で製造した鴨方手延べ素麺を会場の皆様にご試食していただきました。
「おいしい!」「また食べたい!」のお言葉をいただけ、嬉しく思います。

2015年ミラノ国際万博

手延べ素麺を
世界に

2015年、ミラノ万博の日本館にて、
512日から16日の5日間、日本の伝統
食品ブランド「本場の本物」の認定品と
して、奥島屋の「鴨方手延べそうめん」
が出展いたしました。
界にアピールする企画に、岡山県の手延
食がテーマの万博で、日本の食文化を世
べ麺の製造業者としては唯一参加をする
機会を得ることができました。
テレビや新聞が取り上げてくださり、地
元では手延べ麺の技と味が海外で紹介さ
れた事を喜ぶ声をお聞きしました。
日本館に足を運んでくださったイタリア
や諸外国の方々には、手延べ麺の製造工
程の実演や手延べ麺の紹介ビデオ・展示
を通して、さらには麺作り体験やそうめ
んの試食をしていただくことで、手延べ
麺の製法の繊細さや奥深さに触れていた
だけたと思います。
日本の伝統「手延べ麺」の魅力を世界に
伝える一歩を踏み出すことができまし
た。

  • 注文用紙(PDF)をダウンロードする

    ※お届け先が2箇所以上の場合は上記と併せてこちらの用紙もご使用ください。

  • 商品一覧を見る

奥島屋

〒719-0243
岡山県浅口市鴨方町鴨方966-1

製造直売店 奥島屋は、贈答用そうめんの通販を行っております。お中元や贈答品、贈り物にぜひご利用ください。もちろんご家庭用にもご利用いただけます!

ご購入はこちら

  • TEL/FAX.0120-998-766
  • 固定電話以外・携帯電話からの
    ご連絡はこちら
  • TEL.0865-44-0506
  • 【電話受付時間】9:30~18:00
     ※営業等のお電話はお断りしております
1/8~5/31 6/1~8/15
水曜日定休 無休
8/16~11/30 12/1~12/30
水曜日定休 無休
12/31~1/7
年末年始の休業

メールで問い合わせる

  • Facebook
  • Instagram
  • ウェブマガジン旅色に紹介されました

ページの先頭へ